介護にケアマネージャーをどう利用するか

介護保険を利用する際には、ケアプランを考えて利用することが必要になります。そのためには、専門知識を持った助言者であるケアマネージャーの手を借りることを考えるといいでしょう。どのような介護サービスの利用が必要なのか、その判断基準をもったケアマネージャーの知識を利用して必要なサービスを利用することを考えます。

実際のケアプランを見てみると、デイサービスやデイケアサービス、訪問介護、訪問看護、訪問リハビリといったサービスの内容を、利用者がよくわからないままにケアプランが組まれているケースも少なくありません。これからケアプランを作る人は、個々のサービス内容の説明をよく聞いて、必要なサービスを利用するようにしましょう。

ケアマネージャーを利用する際にははじめから心を開いて相談することは難しいかもしれませんが、ケアマネージャーは利用者の要望や相談ごとに耳を傾けるのが仕事ですので、疑問に感じていることは何でも相談してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です