老人ホームの種類とその施設の内容など

老人ホームにはいろいろな種類の施設がありますので解り易いように説明していきます。

まず初めに紹介します施設は「老人保健施設」という施設でこちらはリハビリなどの介護を目的とした
施設になっていまして入所期間が約3ヶ月間となっていまして主に体の不自由な方や交通事故などで体
が負傷してリハビリが必要な方が入所しましてリハビリを行いながら次の施設に入る準備を行う施設と
なっています。

次に紹介する施設は「有料老人ホーム」で自宅で介護できない方が入る施設で部屋はすべて個室になって
います。費用は入居時にかかる一時金と毎月の施設サービス費がかかります。

次に紹介するのは「特別養護老人ホーム」です。この特別養護老人ホームは有料老人ホームと同じく家で
介護などができなくなった人が入居する施設で月々の費用などは有料老人ホームより安くなっています。

次に紹介します施設は「グループホーム」という施設です。こちらは認知症の方のための施設で食事や入
浴などの介護や支援や機能訓練などを受けられることが出来ます。

最後に紹介します施設が「ケアハウス」といいまして、こちらは軽度の介護サービスで良い方が入る施設
で自分で身の回りの事や日常生活を送れる方が入るところとなります。

以上のように老人ホームでも沢山の種類の施設がありますので自分にあった施設をしっかりと見極め吟味
してから入所するようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です