訪問介護の入浴サービスの利用

訪問介護の中での入浴サービスには、ホームヘルパーが自宅の浴室を利用して入浴の介助をする場合と、デイサービスやデイケアサービスを利用したときに施設で入浴サービスを受ける方法が一般的です。

自宅の浴室では段差があり、介助できるスペースがないケースが考えられます。要介護者の介護度が高い場合は家族だけで入浴させることは非常に難しくなります。そのため、家族とホームヘルパーが協力して入浴介助することもありますが、介護者やホームヘルパーが腰を痛めることも多く、リスクを伴います。浴室に連れていくことで急激に温度が変化し、要介護者の身体に負荷をかけてしまうことも考えられるため、訪問入浴という、プロが行うサービスを検討してみるのもいいでしょう。

訪問入浴サービスは入浴設備を整えた車が家庭を回り、その車に乗り込んで入浴サービスを受ける方法と、部屋の中に浴槽を持ち込んでサービスを行う場合とがあります。訪問入浴サービスはサービスを提供する事業者によって質の面で格差がありますので、サービスを受ける前に作業手順や入浴の方法をしっかり説明する業者を選びましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です